Amazon Prime Videoのおすすめ機能『ウォッチパーティ』の使い方を解説

スポンサーリンク

2020年10月よりサービスが開始されたAmazon Prime Videoの『ウォッチパーティ』という機能をみなさんはご存じでしょうか?

サービスの概要を簡単に説明すると、Prime Videoで配信されている映画やアニメを友人や知人とシェアして楽しむことができるというサービスです。

現代の社会情勢において非常に優れたサービスですよね。

 

現在はまだベータ版ということで、全ての作品でウォッチパーティを利用することができませんが、今回はそんなウォッチパーティの使い方を解説していきます。

 

『ウォッチパーティ』サービス概要

2020年10月19日より日本で提供開始されたAmazon Prime Videoにおける新機能『ウォッチパーティ』。

友人や仲間と観たい映画やアニメなどをシェアすることができ、なんと最大で100人とチャットをしながら楽しむことができるサービスです。

公式Prime Videoウォッチパーティ (amazon.co.jp)

 

コロナ渦の中で、なかなか友人や家族と会う機会が少なくなった現代社会においてはすごくありがたいサービスですよね。

 

現在はベータ版ということもあり、全てのPrime Video作品でウォッチパーティを利用できるわけではありません。

また利用できるのは、デスクトップ(PC)用Webブラウザからのみで、スマホやタブレットには対応しておりません。

 

こちらはPrime会員専用のサービスであり、Prime会員であれば追加料金なしですぐに利用できます。

 

Prime会員で利用できるサービスについてはこちらの記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

Amazon Prime 30日間無料トライアルに申し込む

 

『ウォッチパーティ』の使い方

 

『ウォッチパーティ』の使い方は非常に簡単です。

まずは視聴したい作品を検索します。

 

 

『ウォッチパーティ』という項目がありますのでこちらをクリックし、ユーザー名を設定しましょう。

 

このユーザー名はチャットを使用するときに表示される名前です。シェアする人が分かるユーザー名を設定しましょう。

ユーザー名を入力したら『ウォッチパーティを作成』をクリックしましょう。

 

右側のリンクをシェアしたい人に共有してあげれば完了です。

 

 

右上の『チャット』という項目からチャットもできます。

 

基本的な操作は以上になります。

動画の再生、一時停止、スキップ等の操作は開催者(ホスト)のみが行うことができます。

 

コロナ渦でなかなか友人や恋人と会えない人でも楽しめる機能ですので、ぜひ活用してみてください!

タイトルとURLをコピーしました