【新作】OUTRIDERS(アウトライダーズ)ってどんなゲーム?

スポンサーリンク

OUTRIDERSとは?

OUTRIDERSは、2021年4月1日発売のPS/XBOX/Steam向けゲームです。

詳細は次の表のとおりですが、簡単に言うと4種類のクラス最大3人のプレイヤーで遊べるPvEで、『ボーダーランズ』シリーズや『ディビジョン』シリーズのようなハクスラシューターゲームをSquare Enixがリリースしたという認識で大体合っています。

ハクス とは…
バトルを通じて自身を強化する装備やアイテムを集めることが主な目的であるゲームのうち、手に入れた装備やアイテムの性能がランダムで決まるゲームを指すジャンルです(厳密にはそういう意味ではないらしいのですが、一般的に認知されている印象はこのとおりです)。

OUTRIDERSの概要

タイトルOUTRIDERS(アウトライダーズ)
発売日2021年4月1日(木)予定
※Windows®版は2021年4月2日(金)
パッケージ版
希望小売価格
8,778円(税込)
※パッケージ版の販売は、PlayStation®5、PlayStation®4のみです。
ダウンロード版
販売価格
8,778円(税込)
ダウンロードコンテンツ「ヘルズ・レンジャーズ・パック」:1,540円(税込)
「ヘルズ・レンジャーズ・パック」には以下の内容が含まれています。
• ヘルズ・レンジャー・コンボイ(ゲーム内の乗物スキン)
• ヘルズ・レンジャー・ギア セット(ゲーム内キャラの装備)
• ヘルズ・レンジャー・ガン パック(ゲーム内の武器)
ジャンルTPS(サードパーソンシューティングゲーム)
対応機種PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、
Xbox One、Windows®(Steam/EPIC GAMES STORE)、STADIA
※STADIAについては日本でのサービスが開始され次第の提供を予定。
CEROZ(18才以上のみ対象)
プレイ人数1~3人のPvE
※シングルプレイモードを遊ぶためにもインターネット接続が必要。
言語音声:英語
字幕:日本語

OUTRIDERSの特徴(過去のゲームとの違い)

OUTRIDERS』は、他のゲームとどう違うのでしょうか?

同じハクスラゲームの名作『ボーダーランズ』シリーズと比較してみましょう。

視点の違い(FPSとTPSの違い)

決定的に異なるのは視点です。

名作『ボーダーランズ』シリーズはシューターゲームの基本であるFPS(一人称視点)です。

『ボーダーランズ3』プレイ画面。FPS(一人称視点)。

対する『OUTRIDERS』はTPS(三人称視点)で、自キャラの背中が画面内に見えているタイプのシューターゲームです。

『OUTRIDERS』プレイ画面。TPS(三人称視点)。

視点の違いはプレイヤーにとって好みが激しく分かれる要素であるため注意が必要です。

単純な好み以外でいえば、FPSとTPSには次のような違いがあります。

違い
FPS(一人称視点)
TPS(三人称視点)
画面の見え方
見やすい自キャラが邪魔で前が見にくい場合がある
自キャラの見え方
手しか見えないので、装備で見た目が変わってもゲームに反映されない常に自キャラが見えているので、装備やキャラクリによって見た目が大幅に変わり、自キャラに愛着が沸く
エイム(照準)の
合わせやすさ
合わせやすい理論上はFPSと同じだが、
FPSに慣れていると、なぜか狙った場所に照準を合わせにくい感覚を覚える場合がある
感度
(視点を動かす速さ)
大体のゲームで自由に設定可能なぜか高い感度には設定できないゲームが多い
※PS4/PS5版のOUTRIDERSは高感度に設定できない
隠れた時の敵の見え方
敵から攻撃を受けないように物陰に隠れると、自分から敵が見えなくなる物陰に隠れていても敵が見えるため、隠れながら移動・索敵・エイムができる
敵からの見え方
敵が見えているときは、敵からも自分が見えている(攻撃を受ける可能性がある)物陰に隠れれば、敵から自分は見えない(攻撃を受けない)

グラフィックの違い

名作『ボーダーランズ』シリーズはトゥーンレンダリング(Cel Shading)というアニメ風のグラフィックが特徴的でした。

『ボーダーランズ3』。3Dなのにキャラクターの境界が黒い線でフチどられていてアニメ風に見える不思議なグラフィック。

対する『OUTRIDERS』は、現代ゲームで主流の超美麗なグラフィック。キャラクターの顔のシワから、背景のオブジェクトの一つ一つまで極限まで写実的に作り込まれた映像が特徴です。

キャラクリがある!

名作『ボーダーランズ』シリーズは、4人の主人公から1人選んでプレイする形式でした。

『ボーダーランズ3』。個性豊かすぎる4人から主人公を選べる形式。

対して『OUTRIDERS』は、キャラクタークリエイションシステムで主人公の性別及び顔を作ってからプレイを開始する形式となります。

ただし、キャラクリの幅は狭め。特に髪型は「普通の髪型がない…?」と思ってしまうほど奇抜な髪型ばかりだったのが気になりました。『Fallout4』のように自由な変形や、『サイバーパンク2077』のように多彩なアクセサリーを期待すると肩すかしのキャラクリではあります。

しかし、キャラクリされた主人公がゲーム内のストーリー映像に出まくる&喋りまくるので、「せっかくキャラクリしたのにキャラが全然出ないじゃないか!という不満は皆無と言っていいでしょう。

クラス(ジョブ)選択

名作『ボーダーランズ』シリーズは、4人の主人公にそれぞれの特殊能力が備わっている形式でした。

『ボーダーランズ3』の主人公は、それぞれが異なる能力が使える。

対して『OUTRIDERS』は、4種類のクラス(ジョブのようなもの)を序盤に選択することで、主人公が持つ特殊なパワーを選ぶことが可能です。
ただし、マルチプレイで組めるパーティーは最大3人、つまりどれかのクラスは捨てなければいけない仕様。ここに戦略性があって面白い点ですね。

テクノマンサー

テクノマンサー長距離/サポート/装置に特化したクラス。

地雷やタレットなど間接的な攻撃が特徴で、与えたダメージで回復することが可能です。

RPGで「エンジニア」みたいな変な職業を選びたい人や、マルチプレイにおけるサポート係が好きならこのクラスですね!

パイロマンサー

パイロマンサー中距離/ウィザード/炎に特化したクラス。

魔法使いのような攻撃が特徴で、敵を燃え上がらせたり、体力を吸収することが可能です。

武器の威力を上げるスキルもあるので、アサルトライフルなどの中距離武器でガンガン戦いたい人はこのクラスがオススメです。

トリックスター

トリックスター短距離/一撃離脱/時空間操作に特化したクラス。

多彩な近接攻撃が特徴で、敵を倒すことで回復することが可能です。

瞬間移動をしたり、シールドを獲得して一気に攻めるといったスキルがあるため、とにかく動き回って敵を翻弄する戦闘スタイルが好みの人はこのクラスで決まりです!

デバステーター

デバステーター短距離/タンク/難攻不落に特化したクラス。

衝撃波で前線を押し上げるといった近接攻撃が特徴で、敵を倒すことで回復することが可能です。

仲間の前に立って「俺が護る!」といったプレイスタイルが好きならこのクラスしかありません!

スポンサーリンク

OUTRIDERSのストーリー

西暦2076年、人類は新天地を求め宇宙船団で荒廃した地球を後にした。

スラム育ちの兵士である主人公が属する先遣隊「アウトライダーズ」が到着したのは、地球に近い環境の"惑星エノク"。
しかし楽園と思われたその星は、時空が歪み電磁嵐が頻発する過酷な場所だった。

電磁嵐によって重傷を負った主人公であったが、到着したばかりで医療施設が整っておらず、治療が受けられない。苦肉の策として、主人公は宇宙船内で冷凍保存(コールドスリープ)されることとなった。

どれだけの月日が流れたのか、廃墟のような宇宙船内で主人公は冷凍保存から目覚める。植民計画はとうの昔に失敗し、わずかな資源をめぐって人々が殺し合う…惑星エノクは変わり果てていた。

絶望のなか、主人公は電磁嵐の影響によって自らに奇妙な力が宿っていることに気がつく……

お、おもしろい!

個人的に、こういう目覚めたら地獄だった系SFディストピア話が大好きで、さらに主人公が謎の超能力を得てしまう展開で今流行りの「俺TUEEEE」モノにもなっており、重厚なストーリーにラノベが混ざったような闇鍋感がたまらないです!

また、メインストーリーの他に様々なサイドクエストが用意されており、サイドクエストの進行具合によってメインストーリーが分岐していくことも発表されています。つまり、寄り道が楽しいタイプのゲームですね!

OUTRIDERSは買うべき?

買うべきです。(キッパリ)

OUTRIDERS』を一言で表すならしっかり予算と時間を掛けて作られた人気ジャンルの正統派ゲームといえます。

プレイ中にバグや余計なストレスは一切感じず、ゲームに没入して一瞬で時間が過ぎてしまうでしょう。

繰り返し挙げているハクスラゲームの名作『ボーダーランズ』シリーズや『ディビジョン』シリーズ、『デスティニー』シリーズなどマルチプレイで協力できるゲームが好きな人には絶対オススメの一作です!

個人的な経験上、こういうマルチのゲームはどうせ後から「早く買って流行に乗っておけばよかった…」と後悔するので、しっかり発売日にゲットして盛り上がってるうちに遊び尽くしましょう!

■最大3人のチームを結成し戦うCOOPシューティングゲーム。スムーズなマッチングで2,3人のチームを組み、RPG風シューティングを楽しむことができる。ソロプレイも、もちろん可能。■未開の土地を探索し、その謎を解き明かせ。広大なエノクを探索し、ミッションに挑もう。ミッションでアイテムや資源、武器を集めれば、キャラクターを強化、カスタマイズできる
タイトルとURLをコピーしました